肝臓に負担をかけている原因、それはアルコールです

やはり肝臓に負担をかけ続けてはいけませんね

酒は百薬の長と言いますが、一方で過ぎたるは及ばざるが如しとも言いますよね。

 

私はアルコールを摂取する際、この言葉を頭の中で反芻させることにしています。

 

それと言うのも、以前は毎年健康診断で肝機能の低下を指摘されていたからです。

 

大学生時代にビールの味を覚えてから二十数年。

 

これまでに飲み続けたアルコール摂取量は、どれくらいになるのか想像もつきません。

 

それこそ日本酒、焼酎にワイン、テキーラやウォッカなどありとあらゆるお酒を飲んでいたように思います。

 

それを毎日毎晩飲んでいたのですから、肝臓にどのくらいの負担をかけていたのか想像するだけでゲンナリとしてきますね。

 

時には二日酔いで会社に出社することもありましたし、日常生活にも悪い影響を及ぼしたことは数知れません。

 

しかし、私はアルコールを摂取するという習慣を改めるようなことはしませんでした。

 

それほどまでに、私はお酒が大好きだったんですよね。

 

ところが、そんな私の生活を一変させてくれる出来事が訪れます。

 

念願の子供が生まれたのです。

 

これにより、以前にも増して身体を気遣うようになりました。

 

食事は野菜中心で気を付けるようになりましたし、休肝日もきちんと設けるようにしたのです。

 

またトレーニングにも励み、酒ではなく水を飲むようにしました。

 

その結果、メタボ体質だった私の体型はみるみるうちにスマートになっていき、妻からも喜ばれています。

 

自分自身でも驚いていますが、今では毎日が充実しています。

 

もちろんお酒は完全に断ち切ったわけではありませんが、過ぎたるは〜と思いながら飲むようにしていますね。

 

このままトラブルもなく、病人にもならずで頑張りたいと思いますね。

 

アルコールで肝臓を壊さないで

 

皆さんは楽しくお酒を飲まれていますか?

 

職場や友人との飲み会、晩酌など楽しみ方はそれぞれですよね。楽しい酒の場は人と人との距離を縮めてくれますし、大切なコミュニケーションの場です。

 

一日の終わりに楽しむ晩酌はストレス発散になりますよね。

 

適度に楽しむ分にはプラスの効果をもたらしてくれるお酒・・・しかし飲み過ぎると毒となり、牙をむきます!

 

酒が弱い人・強い人がいますが、肝臓に強いも弱いもないんです。

 

毎日の飲酒・度を越えた量の酒を飲み続けると肝臓は弱り脂肪肝やアルコール性肝炎などいろいろな病気にかかってしまうのです。

 

肝炎になるまでの度を越えた飲酒を続けてしまっていた方は、アルコール依存症になっています。

 

アルコール依存症は薬物の次に中毒性が高く断酒するのが本当に大変なんです。

 

肝炎になっても酒を辞める事が出来ず飲酒を続けてしまっていると、一番怖い肝硬変になってしまいます。

 

死にも至る病で、黄疸が・腹水という本当に苦しい症状が出てきます。

 

足も浮腫んでしまい、立っているのも辛くなってしまう事もあります。

 

本人が一番辛く苦しいですが、家族もどうしてあげる事もできず辛いんです。

 

そんなことにならない為には、きちんと休肝日を作る事をお奨めします。

 

飲む量を抑えるのも大事ですが、少量でも肝臓は働き続けています。働き続けて病気になってしまうのです。

 

一滴も酒を飲まないで肝臓に休みをあげて下さいね。週に一度は休肝日を設けて下さい。

 

お酒は楽しく程々にして、健康でいたいものですね。

 

お酒の飲み過ぎにはタウリンのサプリメントがおすすめです。

 

ページランク表示 ページランク表示 outdoorugged.com 自動相互リンク集 介護 即日審査 キャッシング